いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

介護保険料って40歳から払うけど、そもそも介護保険制度の仕組み知ってる?~会社員編~

多少介護にも関わっている身でありながら、実は介護保険のことよくわかっていません。
医療と介護ってだいたいセットで考えられるんですけど、制度の仕組みは意外と違うんですよ。

医療は、健康保険証を出せばどこでも1割から3割の自己負担を払って医療が受けられるじゃないですか。
そして、健康保険料を支払っているから健康保険証を持ってて、健康保険証を提示すれば医療が受けられる。
ただ病院で医療行為を受ける側だけで考えると至ってシンプル。

だけど、介護保険制度は、まず40歳から介護保険の納付がスタートして、実際に介護保険を利用するのはほとんどの場合65歳以上になってからですよね。
だから、介護保険料は支払っているけど、実際に介護を受けるタイミングが65歳以上になるので興味を持って介護保険制度を勉強しようとする人が少ない。
というより、使うことが無いから現役世代で介護保険に興味を持つこと少ないです。
そして、制度が意外と複雑。 

じゃ、自分自身を介護保険制度に合わせていってみるとわかりやすいんじゃないかということで、シュミレーションしてみました。

kaigo

 

 

 いきなりですが・・・はい、私が40歳になりました。

すると誕生月の翌月から介護保険料が給与より控除されるようになります。
給与明細を見て下さい。
健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料に介護保険料が仲間入りします。
40歳から65歳未満の年齢層は介護保険第2号被保険者とされ、私のように会社勤めであれば、給与から介護保険料が控除されることになります。
では、40歳から65歳未満はただ介護保険料を負担するだけかというと、この年齢層でも介護保険サービスを受けれる場合もあります。

では、どういうときに介護保険を受けれるかというと、『特定疾病』が原因で要支援、要介護の状態が6か月以上続くと想定される時に介護保険サービスを受けれるんですね。

月日は流れ、無事に65歳を迎えました。

この時、65歳以上になった月の翌月の給与から介護保険料が控除されなくなります。
介護保険料を支払わなくていいと思います?
そうじゃないんですね!65歳以上になると自分の年金から介護保険料が控除されるようになるんです。
もし65歳以上で会社に勤めていて、給与もあるよって方は、給与から健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料が控除されますが、介護保険料だけは年金から天引きされることになります。

そして、65歳以上は介護保険第1号被保険者となります。
この介護保険第1号被保険者になると、いよいよ介護保険サービスが自由に使えるようになるかというと、いつでも自由には使えません!!
介護保険サービスを受けるには、まず、『認定』が必要なんですね。

では、認定を受けるまでの流れは・・・

  1. 要介護認定の申請
  2. 認定調査、主治医意見書
  3. 審査判定
  4. 認定


この流れで認定を受けることになります。

1.要介護認定の申請
市町村の窓口に行って、要介護認定の申請を行います。

2.認定調査、主治医意見書
申請を済ませると、調査員が来て、対象者の状態を確認する調査があります。
この際に、主治医や市町村が指定する医師より意見書を書いてもらうように指示があります。

3.審査判定
一次判定と二次判定があります。
一次判定ではコンピュータで全国統一の基準にて介護度を判定します。
二次判定では一次判定の結果を考慮しつつ、介護認定審査会で要介護の判定があります。

4.認定
市町村の介護認定審査会で最終的な介護度が判定され、判定結果は『要介護』『要支援』『非該当』の3種類に分けられます。

要介護・・・介護サービスが受けれます
要支援・・・介護予防サービスが受けれます
非該当・・・介護サービス、介護予防サービスは受けれません。

非該当であれば、何も問題なく日常生活を行える状態なので、介護保険サービスは受けることができません。
できれば、この状態が望ましいですが、もしも要介護や要支援の認定を受けると介護保険サービスを受けることができます。

では、私が要介護2の判定を受けたとします。
この時、介護サービスを受けることができます。
ただし、介護サービスを受けるためには、認定を受けるだけではなく、さらに介護支援専門員(ケアマネージャー)に介護サービス計画書を作成してもらい、作成してもらった計画書にのっとって介護サービスを受けることになります。 
一説には、介護サービス計画書は自己作成(セルフケアプラン)もできるようで、介護支援専門員にお願いしないでも自分で作成する方法もあるようですが、介護サービス計画書の作成料は介護保険より全額負担になるので自己負担はありません。
特別なことが無いかぎり、介護支援専門員に相談して作成してもらうのがベストでしょうね。

これで、介護保険サービスを受けれる状態になりました。 

介護認定自体が、要支援1~2、要介護1~5とその状態に応じて段階があります。
それぞれの状態で利用できるサービスの利用限度額があるので、詳細についてはまた次回。