いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

それでも銀行員から金融商品を購入しますか。

私も元銀行員の端くれではありましたが、金融商品を販売した事があります。
そんな私が言うのは変な話になっちゃいますが、銀行員から金融商品買って大丈夫ですか?

 

銀行では融資時の貸出金利が伸び悩み本来業務で稼ぐことが年々難しくなっています。
私の在籍した時代でさえ、本来業務の収益が伸び悩んでいたので、金融商品の販売手数料で稼ぐような状況がありました。
gold

 

 

そして、私が入行した頃から徐々に銀行が金融商品の販売に力を入れてきていたのですが、それまでお金を企業に貸すプロが、いきなり金融商品を売る世界に足を踏み入れるわけです。
やっぱね、同じ金融業と言えど、お金を貸すのと金融商品を売るのは畑違いです。

人参農家がレタス農家になるようなもんで、対象が違えば同じ野菜でも全然育て方が違いますよね。

銀行員がこの金融商品良いですよって売りに来て、それじゃ、その商品に関して的確なアドバイスができてたかっていうと全然できていなかったですよ。
ただ、その時期によく売れている商品だから購入してもいいんじゃないですかって、そんな売り方を当時はしてましたもんね。
そもそも、金融商品自体がごり押しして売るような商品じゃないじゃないですか。
その時の市場の様子を見て、投資家がこの商品がいいんじゃないかと決めて、それに基づいてプロにアドバイスや市況を確認しながら金融商品を購入しますよね。

銀行の金融商品の売り方はまったく正反対。
銀行員がお金を持っている高齢者にごり押しして売っているような状況でした。
次第にそういった売り方が問題になってきて、高齢者に販売するときには意思確認をしっかりすることって通達が出て、徐々に金融商品の販売に規制が増えてきました。
きっと、今はさらに規制が厳しくなっていると想像しますが『あくまで』銀行員はお金を貸すプロであり、金融商品プロではないのは注意しておくべきです。

実際に、私も会社の関係で証券会社の方と話をする機会があるんですが、やはり、銀行員と話をするのと証券会社の人と話をするのでは、金融商品の話に限っては情報力と分析力は全然レベルが違います。
これは明らかに違います。

銀行の金利も市場の市況に左右される部分もありますが、金融商品の動きはもっと市場の動きに敏感に反応しますよね。
今の状況でいうと、資源価格が下がって、消費者は原油価格が安くなってよかったって喜んでいても、実際は、資源価格が低迷している影響で、金融市場から資金が引き揚げられているような状況もあり金融商品の値動きに関しては世界の動きをトータルで分析して考える必要があります。

こういった現在の市場を分析した結果をそれぞれ聞かせてもらうと、銀行員から話を聞くのと、証券マンに聞くのでははっきりと分析力の差が出てくるので、本当にしっかりしたアドバイスをもらって金融商品を購入したいのであれば、証券マンにアドバイスをもらって購入することをお勧めします。

ただし、証券マンは基本的にお金持っているお客さんの相手しかしないんですよね。
資産をたくさん持っていない投資家には残念ですが。
 
銀行員もお金持ちには丁寧な対応をしますけど、証券マンはこの辺の反応があからさま。
銀行員の場合はお金を持っている人からは預金の獲得、金融商品の獲得。
お金を必要としている人からは融資の獲得など顧客の幅が広いので基本的には誰にも丁寧な対応をする必要があります。
反面、証券マンはお金を必要としている企業とお金を持っている投資家をつなぐことで収益を獲得しているわけで、個人でお金を必要としている人には収益機会がないので、見向きもしません。

結果、幅広い層で顧客を持っている銀行員から金融商品を購入する機会が多い状況はありますが、一定の資産を保有している方に関しては、証券会社経由での金融商品購入をお勧めします。

ただし・・・金融商品の購入は、最後は『自己責任
アドバイスはもらっても、購入を決定するのは自分の意志です。