読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

年収300万円代の私でも結婚できました。でも大事なことはお互い自立していること

私28の時に結婚したんですけど、その時の年収約330万円です。
これで結婚して、子供が産まれたって聞くとどう受け取りますか?
これも、住んでいる場所によって意見が分かれるところでしょうね。
全然生活できるよって人もいれば、全然無理って人もいます。

 

ただ、この年収だけで家族3人を養うとなると・・・鹿児島といえどカツカツですね。

 

幸いにも、私の場合は嫁が正社員で働いていて、結婚後も働きたいという意志があったので、全てはここで何とかなっています。

300man

 

その当時、私の年収が330万、嫁の年収が250万くらいだったので、世帯年収としては580万円ありました。
このおかげで、我慢しない生活ができていたんですね。

 

ただね、嫁が子供を産む産前産後から、子供を保育園に預けるまでの期間は嫁の給与収入がゼロになる期間があります。
この期間を私だけの収入でなんとか回していけるのかなってちょっと心配もしてはいたんですけど、安心してください。
雇用保険払っていたら育児休業給付金があります。

 

簡単に説明すると、雇用保険を払っていた人が1歳又は1歳2か月(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6か月)未満の子を
育てるために育児休業を取得した場合に、休業開始前の2年間に賃金支払基礎日数11日以上ある月が12か月以上あれば、
受給資格の確認を受けることができます。
詳しい説明はコチラ→https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.htmlに掲載されているので、気になる方は確認してみて下さい。

 

で、この育児休業給付金が思っていたより給付があったんですよ。
覚えている限りでは、毎月給与収入の6割程度は支給がありました。
このおかげで、家庭の資金繰りも割と困らずにやりくりできてたんですよね。

 

そして、嫁も10か月程度で職場復帰を果たすことができたので、この当たりの保育園の手配から復帰までうまくいったのはただ、運が良かったですね。
この保育園に預けるタイミングというのも、生まれた月によってはうまく保育園に預けられなかったりします。
どうしても預けたい場合は認可外の保育園で預かってくれるところもありますが、私はタイミングよく認可保育園に預けることができました。

 

話がだいぶそれてしまったんですけど、ここで何が言いたいかというと育児休業給付金の話をしたかったわけではありません。
保育園の話をしたかったわけでもありません。
年収300万円台で結婚できた話、そして嫁にも働いてもらっている本来の理由です。
それは、私自身が、結婚する前から相手は結婚後も働ける人って決めてました。
もし私の収入がもう少し多くて、一人の稼ぎでも生活できていたとしても働くことは求めていました。
なぜなら、どちらか一人の収入に依存するほど家族にとってもリスクが高いことですし、お互いが同じ立場でものを言い合える立場でありたいと考えると、自分も相手も同じように働いて、家事も分担していくのが一番対等な立場で意見を交わすことができます。

 

一人の稼ぎだけだと、ついつい稼いでいる俺は家事はしないとか、子供の面倒は見ないとか、そもそもやっていることが違うのにもかかわらず、お金を稼いでいる立場の方が強くなりがちですよね。
そういう状況を作らないためにもお互いが自立し合える関係でいようと、その結果が相手にも働くことを求めようという話につながります。

 

昔気質な方だと、自分が家族を養うんだ、嫁にはいつも家にいて欲しいといった意見もあるでしょう。
それでいて、しっかり家の家事も子育てもしっかりやりますって旦那さんであれば、最高の旦那さんですよね。
ただ、私はそこまでできた人間でもないので、自然と対等な立場でものが言える関係を作ろうとしたときに、相手にも働いてもらうことを求めることになりました。

 

女性の中には結婚後は働きたないなんて言う意見もあることでしょう。
私も男でなければ養ってもらいたい、なんていう気持ちが無いこともないです。
だけどね、世の中の流れを見てみてください。
女性をいかに社会へ送り出そうかっていう政策ばかりですよ。
社会保険の適用範囲を広げたり、一億総活躍だなんて言ってます。
保育園の整備や介護離職者ゼロも間接的にはそうですよね。
どんどん女性も社会に出て働いてよねってメッセージが痛いくらいにビンビン届いてます。

 

その夫婦、家庭の考え方もありますけど、男女が関係なく自立した関係が必要になってきていると感じませんか。