いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

ファイナンシャルプランニング資格とは?その可能性と活用方法について

一時期資格取得に燃えている時期があったんですよ。
20代の後半くらいかな。
どうしてあれだけ集中ができていたのかなっていうくらい、その時期は資格の勉強に集中してできてましたよね。

で、その時に取得したのが以前も紹介した宅地建物取引主任者、今は宅建士ですね。
それと、ファイナンシャルプランニング2級、通称FP2級の資格です。

unyou

 

 このFP2級って資格は、銀行員なら必ず取らないといけない資格です。
私の頃はFP資格が徐々に浸透してきた時期でしたがそれでもFP3級は取るように薦められていたので、今は当然持っていないといけない資格になっているでしょうね。

で、私はこのFP2級は銀行を退職してから今の職場で仕事しながら勉強して資格を取得したんですね。
銀行の時にとっておけよって思われるかもしれませんが、銀行の時はそんな余裕がなかったんですよ。
仕事で神経もすり減らしてましたし、銀行員は土日も気を抜いて休めない事多かったですから。

じゃあ、どうして今の職場でFP2級の資格を取得したかというと、経理の仕事には持ってこいの資格です。
まさに経理マンの為の資格ですよ。
経理をしていると会計の仕訳だけできればいいのではなく、税金や不動産、社会保険等の社会全体の仕組みを深くはなくていいから知っておくことが大切です。
その必要な範囲の知識を押さえてていけるのがFP2級の勉強範囲なのでこれから経理系に転職を考えているのであれば、取っておくととても役立ちます。

そして、FP2級と聞くと、すぐにファイナンシャルプランナーという言葉が出てきませんか?
ここ勘違いしやすいんですけど、『ファイナンシャルプランニング2級』と『ファイナンシャルプランナー』は別物なんです。
ファイナンシャルプランニング2級は国家資格です。
ファイナンシャルプランナー民間資格です。
一見ファイナンシャルプランナーの方が国家資格のように見えますが、ファイナンシャルプランナーは民間で指定している資格名称です。
ただ、ファイナンシャルプランニング2級に合格すると日本FP協会が認定する研修を受けることで、ファイナンシャルプランナーに登録もできるので、一体として運用はされています。
ただし、ファイナンシャルプランナーは登録を維持するために 一定の単位数を求められるので、継続的に学習をしていく意欲がある方はファイナンシャルプランナーの登録まですると晴れてファイナンシャルプランナーと名乗ることができますよ。

ただ、ファイナンシャルプランナーもランクがあって、『AFP』と『CFP』 の2つのランクがあります。
FP2級に合格しただけだと『AFP』のランクで、さらに上位を目指す時は『CFP』のランクを取得しないといけません。
ということは『CFP』を取得するのは相当難しいと想像できますね。
CFPは国際的にも通用する資格ですから、取得することで活躍する場面はさらに広がりそうです。 

そんなFP2級資格なんですが、私もこの資格を使って何かできないか考えたこともありました。
『何か』って・・・そうです!
事業にならないかですね。
資格勉強している時はたしかに知識としては相当あるんですよ。
だから、これで事業としていけるんじゃないかって思い込んでしまうのですが、FP2級の資格は知識は相当にあるんですけど、事業としてお客さんにどういった提案をすればお客さんの役に立てるっていう知識が不足しているんですね。
やはり事業として資格を活用するにはファイナンシャルプランナー資格の登録と学習が必要に感じます。

あとは、お客さんに対しての責任が取れるかどうか・・・。
ファイナンシャルプランニングって、要は資産運用ですよね。
これからどれだけの収入見込みがあって、どれだけの支出があるかを予想して安定した人生を過ごせるように提案するのが一番の目的ですよ。
だから、生命保険関連の事業者とは相性がいい資格ですよね。
保険代理店の従業員だとだいたい持っている資格です。
ファイナンシャルプランニング的な予想はこうなりますが、もしもこの途中で病気やもしものことがあったらこの予測は崩れますって提案すれば生命保険に入らざる負えなくなりますもん。

FP2級資格の活躍の場はこれだけじゃなく、さらにプラスαで、使っていない土地があればこういった活用を考えてみませんかってところも活躍の範囲にも入ってきます。
生きていく上で必要な知識は確実についてくるので、経理マン以外でも取得する意味は十二分にありますよ。

手始めに、事業の可能性を感じるためにも無料で相談でも受けてみようかな。 
無料なんで責任は持てませんが・・・。