いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

看護師になりたい?それなら、奨学金制度を利用すると学費負担が大幅に減るよ

病院に勤めていて、一番驚いた制度があります。


それが、病院独自の奨学金制度。


私も大学の時に奨学金借りてましたけど、これは日本学生支援機構奨学金制度で、利率は低いものの、必ず奨学金は返済しないといけないものです。
最近では、大学卒業後も定職につけずに、奨学金の延滞者が増えていると聞きますがこの病院独自の奨学金制度は、原則返済しないでいい奨学金制度です。

nurse

 

基本的には、看護師にはこの奨学金制度がよく運用されています。


なぜなら、看護師はいつも人材不足。
各病院は看護師を確保するためにかなりの資金を投入して看護師確保を図っています。
その確保策の一つとして奨学金制度があります。

ちなみに、この奨学金の制度がどういったものかというと。
一般的には、毎月一定の金額が奨学生に支給されます。
看護学校から奨学金を受けたいという生徒を紹介される事例もあれば、直接病院に奨学金制度を受けたいという申し出がある場合もありますね。

奨学生になるためには、一度病院側の人事担当と面接をして、人物として問題がない場合は奨学生として認められ、毎月奨学金が支給されます。
では、奨学金がいくら貰えるか気になりますよね。
それは、奨学生によって異なります。
また、通学している学校によっても金額が異なります。 

参考として、毎月40,000円~70,000円程度がだいたいの鹿児島県の相場に当てはまります。
設定額としては各病院で看護師の需要度合いが異なるので、看護師が充足している病院であれば、奨学金制度を設定していない病院もあります。

それで、この奨学金制度がすごい理由は、原則返済しないでいいんです。


なぜかって??
それは、奨学金を借りていた期間に応じて、借りていた病院での就労義務があるからです。
要は、学校を卒業したら、奨学金を借りていた病院で一定期間働かないといけません。
働かないといけない期間は奨学金の契約書の中で書かれているので、どのくらいの期間とは一律には言えませんが、だいたい3年から5年程度になるのではないでしょうか。
でも、その期間を勤め上げれば、奨学金は返済しないで、晴れて自由のみです。
就労義務期間が終了したら、すぐその病院を辞めて、本来勤めたかった病院に転職してもいいんですよ。

例えば、月々50,000円借りていると、1年で60万円、それを3年間借りていると、3年合計180万円の返済が免除されるんです。
こんなにいい奨学金制度ってなかなかありませんよ。

もしも、これから看護師になりたいという方は、この奨学金制度使うと教育コストも抑えられますし、就職を希望する病院に奨学金制度があれば、卒業後にそのまま希望の病院に入ることもできるという、一石二鳥な制度です。