いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

サイトを幾つか運営してみての感じたことをまとめてみたよ

これまで、ブログやホームページをいくつか作ってみての感想です。
これまでサイトについて分析をしてこなかったんですが、これまでに幾つかのサイト運営してみて感じたことを書いておきます。
sight
まずは、サイトとごとの特徴について。
少ない記事で出来る限りアクセスを増やしたいのであれば、テーマを絞ってサイトを作ったほうが少ない記事でもアクセスが増えやすいです。
これまで、ブログとホームページの両方でテーマを絞ってサイトを作ったんですけど、そのサイトはこのブログの記事数より少ないのですが、それでもアクセス数はテーマを絞ったサイトのほうが断然多いです。
このブログがまだ初めて日が浅いのもあるかもしれませんが、アクセス数、ここではページビューの数を比較すると10倍以上は違います。
記事数は多いのに、ページビューは全然伸びません。

今のところ雑多ブログは手間はかかるがアクセスも伸びない困ったちゃんです。

続いて、サイトごとの収益について。
これもアクセス数の差もあるのかもしれませんが、やはりテーマを絞っている方が収益の割合も高いです。
そのテーマに興味を持っている人がそのサイトを訪れていると考えれば当然ですよね。
そのテーマに当てはまる広告を貼り付けていればいいわけで、このブログのように雑多なことを展開していると広告が絞りにくいです。

雑多ブログは、手間もかかり、モチベーションの維持も難しく、収益も低いです。

そして、サイトを作る上でのおもしろさについて
これは、前回も書きましたが、テーマを絞るとネタの限界が早くきます。
限界がくるというよりも、自分の興味が薄れてきちゃいます。
ま、飽きちゃうんですよ。
その時は興味があって、ガンガン調べて、どんどん記事も進むんですけど、ある程度のところまで調べると興味が他のことにも移っていってしまいます。
すると、そのテーマのことばかり調べて記事を書くのが苦痛になってくるんですよね。
その点、雑多ブログは基本なんでもオッケーじゃないですか。
自分が感じたことでも、調べたことでも、今取り組んでいることでも、どんなことでも記事にしやすいです。
雑多ブログのほうが、記事を書いていて楽しいですよね。
何かあれば、『あっ!これ記事にしよ』って、こんな感覚で記事ができちゃいますもん。 

最後に、現在完全放置中のサイトですが、そのテーマ自体には飽きてきてしまっているのですが、今は、そのサイトをどうすれば再び輝きを取り戻せるかに興味を持って取り組んでみます。
ひとまず、記事を修正したり、増やしてみたりしかないですが、来年1年かけてチャレンジです。

何にしても、『興味』がわかないと取り組んでいてただ苦痛なだけですよね。
学生時代に、得意科目はいくら勉強しても楽しかったし、テストの点数も良かったです。
だけど、不得意科目は、とにかく勉強して楽しくないし、当然テストの点数も良くありませんでした。
これと一緒です。

ブログを楽しみたいならブログの可能性に興味を持たないと続きません。