いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

妖怪ウォッチの映画が話題になっているけど、販売戦略えげついよね。

妖怪ウォッチの観客動員数が、土日に限定するとスターウォーズの観客動員を上回ったって話題になってますよね。
だけど、個人的にはそんなにおどろいていません。
むしろ、どちらの映画に行きたいか考えると妖怪ウォッチの映画に行きたいですもん。

youkai

 

そもそも、スターウォーズ見たことないんですよ。 
昔からある映画なんだなってくらいで、スターウォーズが好きな方には申し訳ないのですが、全然見たことないので、スターウォーズの面白さも知らなければ、どんなキャラがいて、どんな物語なのかいっさいわかりません。

我が家の嫁は親が見ていたからってことでスターウォーズを多少知っているみたいなので、私よりちょっと上の世代がスターウォーズにどっぷしはまった人が多いんじゃないですかね。

そんなスターウォーズをしのぐ入場者数を記録した妖怪ウォッチですが、どうしてそんなに行きたいかっていうと、映画に見に行くとついてくる特典です。

私、子供がいるのでちょっとは妖怪ウォッチのこと知っていたんですけど、ついこの前から妖怪ウォッチぷにぷににはまってしまって。
とにかく、今のところおもしろくてはまっています。
妖怪ぷにぷににはまりすぎて夢の中でも妖怪ぷにぷにをしていた
で、今回の妖怪ウォッチの映画得点で、エンマ大王メダルがついてるじゃないですか。
このエンマ大王メダルについているQRコードを読み込むと妖怪ウォッチぷにぷにの中で使える特別なメダルが手に入るようで、運が良ければ、エンマ大王が仲間になることもあるとか。 

また、特典はこれだけではなく、ニンテンドー3DSとも連動していたりと、とにかく映画を見ることでついてくる特典に惹かれます。
 
ここで一つ気づくことありませんか。
そうです!あのアイドルの売り方に近いものがありますよね。
CDが目的ではなく、その特典が目的というA○B商法。

1人で大量のCDを購入するけど、実はその特典が目的で、得点をもらった後はオークションサイトでCDが大量に中古品として販売されているというあの、○KB商法です。

エンマ大王のメダルが目的で、実際は映画を見ていない人もいたりしませんかね。
子供連れだと映画まで見るのかもしれませんが、エンマ大王メダルを手に入れて、それを転売目的であれば、映画まで見る必要ないですもんね。
実際に、ヤフオクではすでにエンマ大王メダルが流通している。。。
 
AK○商法も一つの戦略なので、良いとか悪いとかそんなことは全然気にならないんですけど、妖怪ウォッチも最近、いろいろな商品とコラボして、例えば週刊雑誌を購入したら限定キャラのコードが手に入るなどのコラボで商品の売り上げ増加を狙っているのが戦略として見え見え。
仕掛ける側としてはwinwinの関係なんでしょうが、子供がいる親の立場としては、子供をターゲットにしているキャラクター商品にしてはえげつない売り方な感じがしてなりません。 

もちろん、それだけ流行っているからこそとれる戦略ではあるんでしょうけど・・・。