いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

これから就職をする人の為にも、企業の為にも、退職した経緯と理由はどんどん発信していこう

もともと私が銀行に勤めていたので、銀行の退職までの経緯や、銀行時代に出くわしたことを記事にしているのことが多いのですが、こういった企業内部の情報ってどしどし発信していった方がいいですよね。

jouhouhassin

 


それは、これから高校や大学で就職活動をしている人たちのためにも、そして、その学生を迎え入れる企業の為にも、お互いの幸せのためにです。

私の場合も、大学時代に就職しなきゃが一番最初に来て、次に、給与でいえば、金融関係がいいのかなっていう考えから、銀行に就職することになりました。
だから、実際に銀行の仕事がどういったもので、銀行の雰囲気や体質がどういうものか、そんな本来一番に知っておかないといけないことをあいまいに理解したまま銀行に就職したことが、私にとって退職という残念な結果になりました。

銀行にとっては、私がいなくなったことが残念だったかわかりませんが、少なくとも、3年間コストかけて私を育てた費用もゼロではありませんから、そういったコストを考えると、企業にとって戦力につながらなかったことは一つの残念なことだったのかもはしれませんよね。 

じゃ、このお互いの不一致を解消するには、その企業の退職理由や経緯を退職者がどんどん発信していくべきです。
企業側からわが社の体質はこうで、こういった企業風土だって言われたって、企業側からの発信がそれは本音なのか、建て前なのかわかりません。
また、就職活動前にインターンシップ等を通じて、事前にその会社で働くこともできる企業もありますが、どこでもインターンシップを受け入れているわけでもありませんから、一番会社の体質や風土、雰囲気について本音の声が聴けるのは退職者の話です。 

ただし、退職者の話も、その人のとらえ方や考え方も一部入ってくるので、そこを見極めるのは難しいこともありますよね。
それでも、その退職者の話の中から、どんな企業体質だったのか、どんな雰囲気なのかは感じ取ることができます。
実際に、私のこのブログでも銀行内部の様子について紹介している通りに、銀行って支店長や次長からノルマで詰められるんだ、体育会系の企業風土なんだって、いうことは事実として伝わりますよね。

転職経験をもっている方は、その前の会社の個人的な愚痴を含んでいても、その会社の現実を発信していってほしいです。
それは、一番にこれから就職活動を行う学生さんたちの為に、そして、自分のストレス解消の為に。。。笑