いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

今日は月曜日、銀行員の月曜日は超絶憂鬱な一週間の始まり

今日は月曜日ですね。
今でも月曜日は一週間のスタートなんで、あまり好きな曜日ではないです。
おそらく、月曜日が好きな人ってほぼいませんよね。
もし月曜日が好きな人がいるとすれば、よっぽど今の仕事が好きか、自分に合ってるか、不定期で月曜日が休みの人くらいでしょうか。

getuyoubi

 


今はまだ全然かわいい憂鬱でいいんですけどね、銀行員時代の月曜日は、まさに今から地獄に旅立っていくような思いで支店に行っていたのを今でも思い出します。
よく月曜日に自殺者が多いだなんて統計もあったりしますよね。
その気持ちは当時ものすごくわかりました。

本当に、何か怪我をして休もうかとか、病気にならないかなとか、そんなこと考えるくらい月曜日は行きたくなかったですからね。

では、どうしてそんなに月曜日が嫌だったかというと、アレですよ、アレ。

月曜日の朝は一週間の始まりとして、月曜恒例の朝の詰めです。 

詰めの厳しさについてはこれまでに何度も話題に出てきたとおりに、支店長、次長から一人ひとり今週はどうするのか、どれだけ実績を出すのかを容赦なく突っ込まれるんですけどね。
月曜の朝って、ただでさえ休み明けで頭の回転も鈍いですし、精神的にも病み気味なので、毎日眠りも浅いわけですよ。
そんな月曜の朝に、容赦ない詰めが始まるわけです。
そりゃ、脳もビックリして、わけのわからないことを言い出したりするんですよねー。
そうなるともう最悪。
突っ込まれ放題で、一週間の始まりからどん底に突き落とされるわけです。

次第にどうすれば最悪パターンに陥らないかを考えるようになり、日曜の夜は、月曜日の詰めのシュミレーションを当時はしてましたよね。
おそらく、こうくるから、こう返そうって。
後は、とにかく案件ができるような雰囲気で話をするんです。
はったり重要ですよー。

そんなこんなを考えていると、日曜の夜も寝れなくなってきて、結局月曜の朝はいつも以上に寝不足になっちゃうんですよ。
最後の半年間はこの悪循環の繰り返しだったな。。。