いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

妻に言われた『そんなにお金を貯めてどうするの?』について考えた。

つい昨日妻に言われた一言がやけに考えさせられて。
というその一言は、『そんなにお金貯めてどうするの?』っという、何気ない質問。

きっとこれだけ見ると、『嫁変わってる?』なんて思うわれるかもしれないので、一つずつ説明していくと、我が家では共働きで生計を立てているので、お互いに独立採算制です。
簡単に言うと、『自分で稼いだお金は自分のもの』です。

bsSUN86_iwabaniokaretakozeni20121002

 


こういった理由で、夫婦なのに、お互いの貯蓄は家庭の貯蓄という感覚が薄いんですよね。
相手がどれだけ貯蓄してようがどうでもいいという感覚です。
だって、相手のお金は自分のお金じゃないからね。
家庭として一つの財布で生計を立てていると不思議な感覚かもしれませんが、今のところ我が家ではお互いにお互いの貯蓄額をよくわからないまま生計を立てています。

そんな環境で『お金を貯めてどうするの?』ですが、確かにお金ためてどうしたいんだと自分でも考えてしまいました。

とりあえず今は、車欲しいなとか、パソコン買いたいなといった購入意欲はありますが、お金を貯めるってそれだけのためにためているわけじゃないですよね。
では、自分にもしものことが起こった時の家族の生活のため?
いや、そこは保険でカバーできるようにはしてますし、そのためだけに貯蓄してるわけでもないような。
 ただひとつ言えることは、たくさんあって困るものではないということと、あればちょっとした安心感は得られる気がします。

今は、生活を窮屈にしてお金を貯めているわけでもないですし、そういった意味では幸せなことなのかもしれません。
ただ、たまに生活を窮屈にして貯蓄している人もいますよね。

そういう貯め方は違うんじゃないかと私はそう感じていて、我慢に我慢を続ける生活はお金は貯まったとしても、心の充足感は全然貯まらないんじゃないですかね。

毎日お仕事行って、時間を使い、労力を使い、せっかく得たお金なわけですから、欲しいものがある時は自分にご褒美と言い聞かせて買った方が次の頑張りにつながるんじゃないかな。
ひょっとすると、そのご褒美が仕事への意欲になったりすると、もっと効率よくお金が貯まる形に持っていくこともできるかもしれません。
例えば、頑張った結果、昇給が多かったとか、昇進が早くなったとかね。

もちろん、ご褒美が行き過ぎると無駄遣いだ、無計画だなんてことにもなるんですけど、お金は消費と貯蓄のバランスが大事だと経理マン的には考えてます。 

人それぞれの考え方ですが、無理して貯める状態は個人的には健全とは言えない。 
ただし、明確に目的があってその為に貯める必要があれば、それは目的に沿って貯めることを優先した方がいいでしょうね。