いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

病院に勤め出して8年経過しているけど、いまだに病院収入の仕組みが理解しきれない件

病院に勤めるようになってかれこれ8年は経過しているんですが・・・いまだに病院の収入について理解しきれていません。
というのも、クリニックや診療所、医院といった外来を中心としているところであれば、ほとんど『外来患者×1人当たり単価』で売り上げの構成ができているのでそんなに難しい話ではありません。
また、クリニックなどではだいたいそのクリニックを開業した先生の専門とする診療科を中心に外来で診ているので、医療費の計算もある程度決まったパターンがあることでしょう。 

byoiu

 


しかし、病院となると、その収入構成はややこしくなります。
病院の収入はほとんどが入院の患者さんからの収入です。
外来と入院の割合だと、当法人では2:8の割合で入院収入が多いです。
外来が少ないけど、この病院大丈夫なのかなって思われる病院もあるかもしれませんが、実は入院患者さんでベッドがしっかりと埋まっているのであれば、病院の経営は問題ありません。 
むしろ、入院収入の構成が高くてベッドも埋まっているような病院が今望まれる病院のあり方です。

また、病院ってどこに入院しても同じだと思われる方もいるかもしれませんが、病院にはそれぞれ機能が分けられています。
バリバリ手術をしている病院もあれば、手術後の回復期にある患者さんを受け入れる病院、また慢性疾患や社会的な理由等で長期的な療養が必要な患者さんを受け入れる病院と同じ病院でも機能や内容はまったく異なります。
現在は、このクリニックと病院の連携、また、病院と病院の連携、さらに病院から介護の連携が望まれているので、この調整をするのが、メディカルソーシャルワーカーの役割ですね。
いわゆる相談室や医療連携室と言われる部署の重要な仕事になります。

そして、この病院のベッドが埋まっているかどうかですが、ただ埋まっていれば良いというわけではありません。
各病院にはそのベッドの機能に応じて『平均在院日数』と言われる1人の患者さんが平均してどれだけ入院していたかを示す指標が定められていて、例えば、手術をバリバリするような病院のベッドであれば、平均在院日数が18日以内であることなど、条件があるんです。
もしもこの条件を満たせないとなると、1日当たりの入院料が減額されることになったり、最悪、病院運営がままならなくなることもあります。
だから、退院調整は病院運営の重要な仕事になります。
本当はまだその病院に入院をしていたくても、退院を促されるようなことがあるのは、この平均在院日数の要件があるために、空いているベッドがあっても退院を促すことになります。
もちろん、退院できる状態の患者さんに対してなので、無理に退院できる状態ではない患者さんを退院させることはありませんので安心してください。

そして、特定の病院ではDPCと言われる制度が取り入れられていて、これは、1日当たりの入院費が包括されていて、例えば、いくら薬を使用しても、材料を使用しても、1日40,000円と決められている支払制度です。
従来は出来高制度と言って、薬を使えば使っただけ、材料を使用すれば使っただけ、患者さんに請求できる制度でしたが、この一部を包括して請求するようにした制度がDPCになります。

ただし、DPCにはそれぞれ病院に応じて『係数』といわれるものが決められているため、この係数によって、同じDPCを利用している病院でも1日当たりの入院費が異なります。

この重要な『係数』に影響を与えるものが、『加算』といわれる、一定の条件を満たしたら算定できるものになります。
例えば、医療安全対策加算といわれる加算がありますが、これは医療安全管理者を置いて、医療安全委員会を開催し、医療安全を分析、継続的に行っていくことを条件に算定できるものになります。
このような数多くある加算を積み重ねていくことで『係数』も数字が上がっていくため、それだけ届け出ている『加算』が多い病院では入院収入が増えていくことになります。 

私が理解しているのはだいたいこれくらいで、さらに深堀すると、病院によっては早く退院させるだけだとベッドの空きが増えすぎるので、タイミングを計って退院させないと収入の減少が大きくなりすぎたり、重症度や看護必要度と言われる指標があったり、とにかく収入を構成するための条件が多いのが病院の大きな特徴です。

通常は自分たちで価格設定を行いますが、医療機関は国として公定価格が決められています。
この点は競争という点で良くもあり、悪くもありますが、それ以上に公定価格のルールを理解していないと病院の運営がおかしくなってしまうリスクがあります。

私がいまだによく理解できていない理由がわかってもらえましたか。
どうしてこんなに複雑になっているんだ。。。 

もっと勉強してきます。