いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

お金の使い方とお金の貯め方

お金について考えることは生きている上で必ずありますよね。
私も考えることはもちろんあるんですけど、お金のことで考えることって、どうすればお金が貯まるか、増やせるかってことがほとんどじゃないですか。 

だけど、お金の使い方って、深く考えたことあったかなって。 

お金の使い方を考え出すとすぐに、支出を減らす方向に思考が向かいがちですが、実は、お金を使うことの満足度を考えた方がお金の使い方も充実します。

okane

 

 


例えば、嗜好品。
コーヒーであったり、タバコであったり、嗜好品って冷静に見ると生きていく上で必要ないモノなんですけど、やめられないじゃないですか。
それって、中毒性もあるかもしれないですけど、そこに自分の中の満足度が高いから嗜好品にお金を使ってますよね。
もちろん、私のように酒もたばこもコーヒーも飲みませんって人間からすれば、そんなものにお金を使うなんてもったいないと思いますが・・・それでも、嗜好品に満足度を感じられる人からすれば、それだけの価値あるモノにお金を使っているんですよね。

また、住宅の購入もそうです。
私には住宅の購入はローンを組む、ということで、それが一番のリスクを考えてしまいますが、自分の家を持って、自分だけの家に家族と住みたいという思いが優先順位として一番になれば、大きな借入するリスク以上に満足度を感じることができるので、住宅を購入することになりますよね。

より満足度の高いものにお金を使っていった方が良いのではないかと考えると、お金の使い方も変わってきます。

ただし、満足度の高いものにお金を使うという考え方は浪費にもつながります。
お金を使うことって、たまに中毒的になることありますよね。
車や住宅を購入する時が特にそうですが、そのものの価格が高いので、5万円、10万円するオプションが安く見えることもあります。
本来は必要性が無いにもかかわらず、ついついオプションの満足度が高いように感じることがあります。
満足度だけでお金を考えるリスクです。

それでも、最近考えるのは、『お金はあの世に持っていけない』これです。
せっかく、欲しいものも我慢して貯め続けていても、もしもどこかで不幸なことがあれば、この頑張って貯めたお金は誰のものだと。
家族の為というのもありますが、自分が我慢して貯め続けたお金をみすみす使われるって、さみしくないですか。
家族の生活費は保険で準備してあるなら、多少は自分の為に使っていかないと、せっかくの人生もったいないです。
人生の充実を考えると、お金の貯蓄も必要かもしれませんが、浪費にならない程度にお金を使う満足度も大切です。