いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

鹿屋市でもハロウィンが浸透しつつある?リナシティかのやでコスプレしている人たちがたくさんいた。

10月31日はハロウィンですね。
日本でもここ数年で急激に年間のイベントとして浸透してきました。
そんなハロウィンを鹿屋であまり実感したことなかったのですが、本日リナシティにて仮装をしている人たちを多数発見。
ついに鹿屋でもハロウィンが浸透してきたのでしょうか。

 


ちなみに、日本では今のところ、『仮装=ハロウィン』になってますが、そもそもの意味は、古代ケルト人が秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な行事が、アメリカ合衆国で民間行事として定着し、今のハロウィンにつながっているようです。 
これはウィキペディア情報なので、探せばすぐ詳しい情報がわかります。

そんなハロウィンですが、取り入れ方が日本人らしいですよね。

クリスマスだってそうです。
アメリカのクリスマスは、教会に行ってミサがあったりして、宗教的な意味合いを残しているように感じますが、日本では、とりあえず、大切な人にプレゼントして楽しもうぜって、雰囲気ですよね。

ハロウィンも同じ匂いがします。
アメリカのハロウィンも宗教的な意味合いはありませんが・・・日本のハロウィンはもっと自由な感じがします。
仮装して騒ごうぜですからね。

ここ最近話題になりだしたのを考えると、今はみんなが日本式のハロウィンの形を作り出し始めている時期なのかもしれません。
そうやって、いろんな文化や習慣を吸収して、自分たちの楽しみ方ができる日本人って、 私は好きです。

で、話が脱線したので元に戻すと、なぜこんなに鹿屋に仮装が増えたのか・・・って話に戻りますが、今日から国民文化祭でしたね。
どうやら、リナシティかのやで国民文化祭のイベントがり、そのイベントの一環だったようです。

魔女?小悪魔?のような仮装をしていたりする人はよく見かけましたが、中には白のスーツに鳥の顔の被り物という鳥人間仮装も・・・。
しかも、鳥人間の仮装しているのに・・・動きとか反応がクールなんですよ。
これはツボに入りました・・・。

で、イベント広場にはパトレイバー痛車も来てたんで、パトレイバーの写真つけときます。

patoreiba


 パトレイバー立ってません。
撤去前です。

できれば、立っている姿を見たかった・・・。

鹿屋に何か盛り上がりを感じさせてもらった日でした。