いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

仕事脳とプライベート脳。スイッチの切り替えには音楽が一番。

これって、私の感覚だけの話で、きっと100人が見てどれだけの人が共感できるかなんて未知数。

そんな前置きをおいて・・・仕事をしてる時の脳って、緻密な動きをしてるじゃないですか。

今しないといけないことを順番付けたり、先々にしないといけないことの段取りをしたり、時には上司に提案をしないといけいないときなどは特に、モレがないか気を付けたり、とにかく脳を細かく動かして、ミスを最小限に抑えるように動いています。
nou


この状態って結構エネルギーを消耗するんですよ。
脳がフル稼働に近い形で動いてますから。

これと反対にあるのが、プライベート脳。
脳がオフの状態です。

この脳の状態の切り替えが大事だと思わされることがあって、いろいろ試行錯誤してみたんですが、音楽が効果的です。

私の感覚だと、仕事脳の時は常に脳が動いている状態で、これが意外と仕事が終わって家に帰ってからもその状態がプライベートに戻っていない状態って多いんですよ。
そして、その状態のまま嫁の話を聞いていたりすると、喧嘩に発展することがあったりするんです。
なぜなら、仕事脳は問題を解決するように働きます。
だけど、嫁の話は解決を求めているわけではなく、ただ聞いてほしい、共感してほしいだけなんですよね。

お互いの目的がずれていて、かたや解決しようとする意見とただ聞いて共感してほしいだけの話。
最終的に喧嘩になるのはご想像の通り。

これをいかに喧嘩を回避して、プライベート状態の脳に戻すにはどうしたらいいか考えたんです。
考えた結果、プライベートの脳に戻すには、脳の出力を抑えることが一番ですから、頭で考えずに自分の感性を揺り動かすようなことをすればいいんじゃないかと。

じゃ、感性を揺り動かすことって何かを考えると、やはり芸術に触れたときに人間の感性って動くじゃないですか。
きれいな絵を見た時、きれない風景を見た時、音楽を聴いている時、映画を見ている時。
ということで、試してみたんです。

どれも効果はあったんですよ。
だけどね、毎日手軽に続けるには音楽が一番。

絵や風景はその場に行って本物を見ないとあまり効果ありません。
映画は見終わるまでに時間かかります。
そうなると音楽が一番手軽に効果が発揮されます。
ただし、音楽も毎日同じ音楽だと効果が薄れていくんでね。
自分の気持ちがよくなる音楽が一番です。

あとは、散歩もいいですよね。
運動は体にイイだけじゃないんですよ。
気持ちも変えてくれます。

意外とYOUTUBEで、スゴ技の動画とか見るのもいいですよ。
よくドラムだったりギターだったり、すごい技術をアップしている人いるじゃないですか、ああいう動画も感性揺り動かしてくれますよね。

ではでは、このブログを書いている時はどういう状態かというと、仕事脳とプライベート脳の中間くらいにある時が一番手が動きますよね。
どっちかに偏っていると、手が進みません。

脳の切り替えって意識してみるといいことがあるかも。