いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

経理マンが考える会社に必要なのは売上か利益かそれとも・・・?

会社にとって必要なのは売上?それとも利益?
これは会社の段階にもよるんですけど、ある程度安定した軌道に乗った会社について。
売上も利益も大事ですけど、実は、この両方が伸びていても、あるものがちゃんと回転していないと会社は倒産することもあります。

kati



 

それは、お金ですね。
これって、例え利益がマイナスで、いわゆる赤字決算だったとしても、お金さえあれば、倒産はありません。
とくに、大きな設備投資をした年から数年程度は一時的に赤字決算となったりすることもありますが、その赤字となっている要因次第では、全然問題がない赤字だったりします。

この辺の話は、経理マンであればすぐにわかる話ですよね。

黒字でも倒産という状態は、売上が上がっていても、しっかり代金の回収ができずにいると、お金がなくなり倒産することもありますし、赤字でも、減価償却が一時的に増えてしまっているだけであれば、お金は会社の外に出ていっていないので倒産することはありません。

これをまとめると、お金がちゃんとまわっている限りは倒産しないので、会社に必要なのはキャッシュフローって話になります。

ま、これじゃよくある話ですし、実際は、大きい売り上げがないと大きい利益も作れないって話もありますし、利益がないと会社の体力も徐々に失われていくって意味では、どれもバランスよく大事なんですよね。
あとは、収益の構造の問題で、ストック型なのかフロー型なのかでお金の使われかたも違いますから。

ここまでは数字の話、そもそもとして考えないといけないことは、会社の存在している意味です。

もしこの会社がなくなったとしたら・・・そこに困る人がいますか?
もし1人でも困る人がいれば、会社が存在している意味がありますよね。
もしも、困る人がいなければ、その会社には存在している価値がないです。

だから新たな価値を生み出すために会社は常に変化し続けていかないといけませんよね。
サラリーマンをしているとただ会社の命令に従って、毎日毎日、ただ働いているだけに感じてしまう人もいると思います。
だけど、社会で必要とされる会社で居続けるために、会社は常に変化していかないといけないものでもあります。
社会の空気を敏感に感じ取って、新たな価値を作っていこうって考えると、いつもの仕事の中にも違う面白さが感じられることって結構あると思うんですよね。
やらされる仕事よりも、自分で『創り出す』おもしろさって、会社の価値を高めることにもつながりますし、何よりも自分の為にも取り組んでみてほしいです。