いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

地方紙は特定の新聞社がほぼ独占。それって実は危険じゃない?

新聞を自宅で取ってますか?
最近はネットで情報がいくらでも出てくるので新聞とっていない人も多いことでしょう。
そんな私も若いうちは新聞を取らずにネットで情報はいくらでもとれると思っていました。
しかし、ネットには拾われていない情報が、地方紙にはあるんですね。
仕事上、お付き合い上地域の情報は大事なので、今は自宅で地元紙だけ契約をしています。

sinbun

 

 

 ただ、新聞って地域の出来事や情報だけが載っていれば、それは真実なので問題ないんですけど、社説やらコラムやら、新聞社の考えや特定の人の意見が載っているじゃないですか。

例えば、ある政策に対しての意見を県民にインタビューしていたり、新聞社が依頼した方に論説を書いてもらったり、あの部分が好きじゃないんですよね。
どうみても、その新聞社としての傾向がでますよね。
インタビューも多くの人にインタビューした中で、新聞社の意見に近いインタビューが多めに掲載されていたり、社説も、その傾向が強いです。

本当に世の中の意見を反映しているとは思えないんです。

じゃ、見なければいいって話ですが、私の場合は、地元の情報だけが必要なんで、その部分だけはしっかりと目を通すだけで、あとはさらっと読むだけですよ。

何が言いたいかっていうと、新聞社として新聞社の意見を持つことは記事を書く上では必要なことなんだろうと思います。
問題は、地元紙は選択肢がないんですよね。
ほぼ1社独占状態ですよ。
その地元紙の意見が、県内全体の意見のような状態になっているんじゃないかっていうのが、引っかかるんです。

メディアって大きな力を持っていますよね。
メディアの力で、全体の意見を大きく変えていくこともできますよね。
そんな重要なメディアが、新聞に限っては1社独占って、ちょっと怖いと思いませんか。
ネットを使える人は、ネットからたくさんの意見や情報を取り入れることができます。
だけど、田舎で昔からの生活を続けている方達にとっては新聞からの情報が大きな影響力を持っているかもしれません。

個人的に新聞を読んでいて感じていたことです。