いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

麻生さんが軽減税率を『面倒くさい』だって・・・経理マン的にはまさにその通り!!

消費税が再来年4月より10%が予定されていますが、今話題なのが消費税の軽減税率ですよね。
そして、いろんなところで軽減税率について話が出ていますが・・・麻生さんが軽減税率について『面倒くさい』と。

私のような経理をしている人間からすれば、まさに『面倒くさい』です。
おそらく、世の中の経理マンのほぼ全員そう思ってないですかね。

syouhizei

 

 会計のソフトに会社の仕訳を入れる時、必ず消費税の率を入力します。
例えば、消費税5%の時に仕入れていれば、5%を入力し、8%になってから仕入れたものは8%を入力します。
特に、リースになると、契約した時の消費税率が適用になるので、5%の時に契約したリースはその後ずっと5%で消費税率を入力していかないといけないので、ちょっとした手間ですが、これが仕分けが多いと面倒になるんですよ。

そこにきて今度は10%に消費税率がある上に、軽減税率もですか??
ありえません。
ただでさえ5%か8%の入力でさえ面倒に感じるのに、10%もきて、さらに軽減税率もだと、どんだけ入力する%が増えるんだか。

経団連も消費税の軽減税率には反対していましたよ。
そりゃそうです。
経理マンからすれば仕分けの面で面倒ですが、これが現場になると、商品によって税率を変えたりする手間も発生します。
そんなことしていると、業務負担も余計に増えますからね。
また、還付の方法も手間が発生します。
どのような形で還付するかも考えないといけませんし、それに掛かる事務コストもありますよね。
その還付をするために税金で人を雇って、結果税収がさらに必要になるとかなると、悪循環じゃないですか。
お金が返ってくるメリットよりデメリットの方が圧倒的に多いですよ。

それに、消費税を上げるということは、税収を増やしたかったからじゃないですか。
そこで、なぜに税金を還付するようなことを??
しかも、増税分は医療福祉分野に配分があったような。
なおさら、軽減税率には反対です。

事務を効率的にするには、原則でルールを動かすのが一番です。
そこに例外を作るごとに非効率的になるのですから、当初の予定通りに消費税の増税を進めて、例外を作らず一律10%が一番効率的だと思いますけどね。

消費増税になると経済が落ち込むって、脅し文句のように訴えている人たちもいますが・・・それもわかって消費増税を決定したわけですよね。
ここで例外作ったり、引いちゃったりしたら余計ごちゃごちゃになりますよ。

国に金がなければ、致し方ないでしょう。