いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

都市ガスとLPガスって何がどう違って、どっちがお得なのか

自宅のガスってLPガスですか?
それとも都市ガス?
これは、その地域に都市ガスが無ければどうしてもLPガスになるんですけど、私の住んでいる大隅半島では100%LPガスの地域です。
そもそも、子供のころから家にガスボンベがついていることが普通で育ったので、都市ガスっていうのもあるんだと知ったのは大学生になってからですよ。

gas

 

 


そんな都市ガスとLPガスについて、この度調べたので、個人的まとめです。

都市ガスとは、道路下に埋められているガス管からガスが供給されるガス。
LPガスはLPガスの入ったボンベをガス業者が自宅まで配送して、各家庭で使用するものです。

 

都市圏に住んでいると、都市ガスを利用している方が多いですが、私のように地方に住んでいるとLPガスが圧倒的に多いです。
 
では、どちらがどういったメリット、デメリットがあるかは、いろいろあるのですが、やはり一番気になるのは料金についてでしょうか。
都市ガスとLPガスは同じガスの供給でも、料金の設定が異なります。
これは、都市ガスは公共料金としての位置づけられているので価格は電気代と一緒で、勝手に変更することができません。

 

一方で、LPガス。
LPガスは公共料金ではないので、各事業者で価格設定ができます。
まず、ここにビックリですよね。
私、勝手にガス料金はどこも同じと思い込んでいたんですけど、LPガスの事業者が自由に設定できるんですよ。
 
私の地域でも、LPガス業者がたくさんあります。
だけど、それぞれ料金が異なっているんですね。 

 

では、都市ガスとLPガスではどちらが月々のガス代が安いのかという本題へ。
これは、同じ熱量を起こすのにかかるガス代を比較すると、一般的には都市ガスが安くなるようです。
もちろん、地域にもよりますが。
 
ちなみに、LPガスの熱量は1㎥あたり24,000kcal都市ガスは1㎥あたり11,000kcalなので、同じ体積であれば、LPガスの方が火力が強いんです。
 
続いて、導入時の費用について
都市ガスは導入時に10万から30万程度の導入費を支払うことが一般的なようです。
要は、水道管と同じようなもので、その土地にガス管を引っ張ってくるのに費用が掛かってくるのでしょうか。 
 
これに対して、LPガスでは無償貸与といったことが一般的です。
しかし、この無償貸与には条件があり、15年は使用を続けるといった拘束期間が設けられることが多いので、導入費がかからない分、毎月のガス代に導入費を上乗せされているため、毎月のガス代が都市ガスより高くなる傾向があるのかもしれません。

実際にこの前、ガス代の比較をしたんです。
それは、私の実家ではレモンガスさんを利用していますが、私の住んでいる貸家では秋元ガスさんだったので、単純に比較した時にはレモンガスさんが高いようでした。 


導入時の費用がどうだったのかという話もあると思うので、毎月が高いからどうって言えないんですが、家を大隅地域で家を建てる時には、ガス会社各社に見積もりを取るようなことをするといいのかもしれませんね。