いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

生命保険って実は人生の3大出費(教育資金、住宅資金、老後資金)に匹敵するって知ってた。

生命保険かけてますか。
実は、生命保険って、生涯を通じて考えると、結構な金額払っていることもあるんですよ。
人生の3大出費ってありますよね。

ohken

 


教育資金に、住宅資金、そして老後資金。
どれも、数千万円単位のお金が必要ですが、保険もあなどれません。

私は、結婚を機に一度生命保険を見直しをしているんですけど、今加入している保険は月額13,000円です。
年間で15万円くらい。
そして、私の嫁も保険に加入していて、嫁が月額10,000円の年額12万円です。
これは、生命保険の終身保険と定期保険、そして医療保険を組み合わせた保険に加入しています。

終身保険は60歳まで払えば、その後保証が続くのですが、死亡保険金は200万円。
定期保険は、60歳になるまでの保険で、年齢が上がるにつれて保険金が少なっていく商品です。
医療保険については、ごく一般的な入院日額6千円の保険。

これって、内容的には手厚く保険を掛けている方ではないと思います。
個人的には、もしもの時もお互いに困ることがないように、最低限必要なだけの保険金を掛けておこうということで掛けているので、もっと手厚い補償を掛けている人は多いと思います。

ただし、保証内容が手厚くなると高くなるのが保険です。
私のようにそこそこの商品でも夫婦合わせて、年間27万円。
これをあと30年払うとその総額金額810万円。
結構な金額払いますよね。
それでも、もしもの時に大きな補償を用意できるのが保険の良いところでもあるので、これは安定した生活のための必要経費として考えてます。

で、生命保険に関しての個人的な考え方として、生命保険に月々3万、4万、5万って掛けてる保険好きな人いますよね。
あれはもったいないと思ってます。
仕事柄、給与計算時に給与から天引きされる生命保険料を見ることがあるんですけど、保険好きな人は結構な金額掛けてますよ。
おそらく養老保険なんだろうと推測して、積み立ての代わりにと思ってしているんでしょうけど毎月積み立てるのであれば、現金で持っていた方が私はいいと考えてます。
生命保険にすると流動性が落ちるじゃないですか。
ここで必要って時に、動かしにくいです。
ある一定限度までは保険からの貸付も利用できるようですが、貸付ってどこかで返さないといけないので、できれば使いたくないですよね。
また、現金で持っていれば、自分で投資をして増やせる可能性もあります。
もちろん、投資が必ず成功するわけではないですけど、生命保険に長期間置いているよりも、意外と長期投資の考えで、自分で投資した方が増える可能性が高いかも知れません。

また、生命保険の欠点はインフレに弱いんですよ。
生命保険の保険金額は、契約時に決まった保険金額ですよね。
もしも、日本でハイパーインフレのような事態が将来起こって、そのタイミングで保険金を受け取るようなことが発生すると、契約時の200万円の保険金は、受け取る時にそのまま200万円の価値があるわけではありません。
貨幣価値が10分の1になっていると、その時の200万円は、契約時の20万円程度の価値しかないんですよ。

ま、今の日本でそのくらいのインフレが起こることは考えにくいですが、ものすごいインフレに見舞われたのってジンバブエでしたかね。
貨幣価値が1週間で100分の1、1000分の1になっていくようなハイパーインフレも世界を見渡せば起こっているんです。

ただし、生命保険はないと困るものでもあります。
毎月1万円程度の掛け金でもしもの時のお金を用意できるのは保険しかありませんからね。
もしも健康に過ごせば、掛け捨ての保険などもったいないお金としか言えませんが、保険がある安心感も経験している立場として、健康だったとしても保険は必要と思います。

こんな考えをまとめると、生命保険は必要最低限で加入しましょうって結論です。
そのために今自分にとってどれだけお金が必要になるのかを計算する必要があります。
人生の予算化っていうんですかね。
簡単でいいんですよ。
教育資金は小学校から大学までで1000万円。
子供が成人を迎えるまでに最低限必要な生活資金として毎月15万×12か月×20年=3600万円
あとは、遺族年金とかでなんとかまかなえると考えると、今の時点では5000万円の契約があれば何とかなりそうだと想像できますよね。
ただし、これは『今』の時点で必要な資金なので、5年たてば、20年-5年で残り15年に必要な生活資金を考えればいいわけです。
そして、子供が成人する頃には、子供は自分で稼げるようになります。
その後、生活資金として必要なのは夫婦だけの生活ですから、我が家の場合、お互いが働いているので、生活資金もそんなに必要なくなると考えられます。
もしくは、それまでにある程度の貯蓄をできていれば、なんとか老後も乗り切れるんじゃないでしょうか。 

ざっと、簡単に考えてますが、まずは今の時点で必要なお金の計算です。
そして、必要最低限で生命保険は掛けることをお勧めしたいです。