いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

起業するってこういうことだよねって思い知らされた話

ある時、30代前半で起業をした方とお話をしたことがあったんです。
そこで、私のふとした一言『起業って憧れます。』
これに、なんて返事してくれたと思います。
この方『起業したいなら今すぐ、一日でも早くした方が良いよー。』ですって。
kigyou


もちろん、私は『えっ?』ってなりましたよ。
このえっ?てなる時点で、気持ちのゆるさがでてるんですが、でもね、本当にこの一言が起業のすべてを教えてくれてたんです。

起業して、自分がやりたいこと、目指していることをしないと、いつまでも時間があると思ってたら、あっという間に時間は過ぎていくんですよ。
もっというと、起業して失敗したとしても、今迄みたいにどこかで雇われて働いている10年と起業して頑張ったけど3年で廃業してしまった場合だと、圧倒的に後者の方が成長しているそうです。
起業したらすべてを自分でプランを立てて、自分で売り上げをたてて、自分で事務もしないといけないから、その3年間はそれはそれは大変なことでしょう。
そのかわりに、ものすごく成長できるよってアドバイスをもらいました。

それに、今事務しているみたいだけど、事務の仕事でよければいくらでも就職先はあるんだから、明日からでも起業したいならすればいいともアドバイスいただきました。

それまで、漠然としか考えてなかったんですけど、本気で起業して、成功しようとしている方の一言一言はやはり本物です。
おまけに、プランがないのであれば、僕が考えているプランがあるから、それをあげるよですって。
そこまで言われて、何も動けていない私はいわゆる『やっせん坊』なんですが・・・。

ただね、この方とお話しできたことが私にとっては強烈にその人との差を感じました。

組織の大きさだったり、肩書きであったり、そんなもんでいい気になってないで、自分の力だけで突き進んでいるんだということをものすごく感じさせてもらいましたし、それが起業するってことですもんね。

だから、私はまだまだ自分を守りすぎているんです。
ぬる~いお湯に浸かったままですよ・・・。

ただね、組織の中で埋もれていくのだけはやめようと、今はそこだけ。