いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

通信料を安くしたいと思ったならMVNOとガラケーの2台持ちがおすすめ

最近はだいぶ知名度が上がってきたMVNO。
もしもまだMVNOのSIMカードに変更していない方は、MVNOで通信料を引き下げたらかなりお得になりますよ。

sim

 

 

 いきなりMVNOというワードだけ出されてもわからないよという方に、MVNOについてのちょっと情報。
MVNOとは、NTTドコモやau、ソフトバンクの大手通信会社から、回線を一部借りて、格安の通信料を実現する会社です。

シェアが1番大きいMVNOでいうと、OCN モバイル ONE が知名度もあり、安心して利用できます。

では、どのくらい安いかというと、あくまで通信料だけの比較ですが、NTTドコモを独身で契約していて、データ通信Sプラン(2GB)を選択していると月の通信料は月額3,500円(税抜)かかりますが、私が利用しているMVNOのOCN モバイル ONE で一番安いプランは1日110MB(月3.3GB)プランで、月額 900円(税抜)で利用できるんです。

安いですよね。

毎月の料金差は2,600円です。
これが、12か月だと31,200円。

年間31,200円って大きいですよね。
ただ契約を変更するだけで、利便性は全然変わりません。
私1年以上利用してますが、不満を感じたことないですよ。
しかも、自宅のネット回線をOCNをプロバイダーにしているので、セット割で900円からさらに200円控除されて、毎月の利用料は700円で利用しています。

契約を変更したくなってきたでしょ?

それと、ガラケーの契約についてですが、ガラケーはNTTドコモで契約をしています。
MVNOも音声通話の契約ができるんですが、私はあえてNTTドコモです。
というのも、MVNOの音声通話はまだ通話料定額がないんですよ。
しかも、基本料が700円程度で安いんですが、無料通話分などもなくて、話をした分だけ通話料金が発生します。
そこで、私は、NTTドコモのガラケーの最安料金プラン、『バリュープランのタイプSSバリュー』で基本料934円(内無料通話分1,000円)を契約して利用してます。
無料通話分が毎月1,000円あると、通常20分までは無料通話の範囲内なので、あまり電話をしない私には十分です。
繰り越しもありますし。

ここで、計算してみましょう。
通常スマホを利用していると、6,000円はかかりますよね。
これに対して、MVNOで契約しているスマホガラケー持ちの金額は、700円+934円=1,634円

月額で4,366円の差があります。 
年間では・・・50,000円近い差が出てきます。

2台持ちに変更しない理由がないでしょ。
ただ、2台持ちだと面倒なのがたまに傷ですが。。。