いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

いつかは独立して人に雇われない生活をしてみたいと思ってませんか。独立したいと思ったら、それは何のための独立ですか。

 いつかは人に雇われずに、仕事をして、生活をしていきたいと思ったりしませんか。
要は、独立してお金を稼ぎ、生活をしていきたいと。

dokuritu

 


私もそう思うことがこれまで幾度となくありました。
だいたいそういう時期って、ストレスが溜まっていたり、不満が溜まっている時期なんですけど。

その、独立について。
ただ、何もなくて『独立して自分で個人事業主としてやっていきます』で、うまくいかない事は想像が付きますよね。
ひとまず、独立するからには自分でお金を稼げる『何か』が必要です。 

それは、お金を稼ぐことのできる『技術』であったり、『仕組み』であったりするんですけど、例え、自分が自信を持っている技術を持っていても、世の中にその技術を持っている人って結構いるんですよね。
そして、技術があったとしても、仕事を自分で見つけてくる必要も出てきます。
また、税金の計算や社会保障関係の事務も自分でしないといけません。

そう考えると、サラリーマンって会社に守られてますよねー。

人がいるからそれぞれの業務は一人一人に割り振られて、特定の業務に集中して仕事ができます。
営業なら営業に集中して、技術職なら作業に集中して、事務なら事務の管理業務に集中して。
それぞれが特化して仕事ができて、給与も確実に毎月入ってきます。
多少上司から言われようが、やはりサラリーマンは守られているのは確かです。

もちろん、独立するのも夢があります。
従業員を雇えるようになり、自分の仕事も少しずつ従業員に任せられるようになると、作業と言った面では負担が減るでしょうね。
しかし、それと同時に従業員の雇用を守る責任が今度はついてきます。
また、従業員の教育を始め、企業として回していくための仕組み作りも必要になってきますよね。
そして、起業の中身が整いだしてくると、次は後継者の育成も必要です。

こんなことを考えていると、雇われたくないから独立したい、大金を稼ぎたいから独立したいという考えって、そもそも間違っているなって思うんです。
本当に独立に大切なのは、自分が世の中に提供したいサービスを事業化して、社会に貢献すること。
そして、事業に集中できること。
そんな思いが無い限りは、独立なんかしちゃダメですよ。
ま、したところでうまくいく可能性は限りなく低そうですが。
 
もしも今独立したいと思っている人は、冷静に考えてみましょう。
それって、なんのために独立したいんですか。 

って、自分に言い聞かせてます。