いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

マイナンバー制度が近づいていますが、準備はできていますか?

10月に入るといよいよマイナンバーの通知が始まりますね。
私も職員のマイナンバーを確認しないといけない役割がありまして、ぼちぼちと準備だけはしているところです。

そのマイナンバーですが、まだ全然何か理解していないよって方に簡単な解説です。

mynumber

 

マイナンバー制度とは、平成28年1月から運用が始まる制度で、国民一人一人に番号が付きます。
このマイナンバーを使って何ができるかというと、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現するとされています。
具体的には、平成28年1月より、社会保障災害対策の行政手続きの際にマイナンバーが必要になってきます。

ここまで、よいですか?ついてきてます?

このマイナンバーですが、将来的には病院の受診歴であったり、様々な個人情報がこのマイナンバーにひもづいてくることが想定されています、
ということは、マイナンバーを紛失したり、他人に知られたりすると大変!!
このマイナンバーの通知が10月よりスタートするのです。

ざっと、こんなところでしょうか。

私もお勉強中の為、このくらいで。。。

それで、私は集める側なので事業主の対応をさらに検討しないといけません。

例えば、個人情報の取り扱い規定の作成、マイナンバー利用目的の通知、管理区域、取扱区域の明確化等、実は、事業主側にマイナンバーの取り扱いについて厳しく求められています。

これだけの大きな制度がスタートしようとしていますが、実は行政側としても走りながら決めていっている感があるのが今回のマイナンバー。
とても国民に浸透しているような様子が感じられません。
興味がなければ自分で調べようとしないのでしょうから、もっとメディアも含め騒がないといけないんじゃないかと思ってます。

また、マイナンバーの危険性がよく問題になっていますが、個人的には必要な制度だと思っています。
情報流出の危険性はどう考えてもあります。
100%安全な情報管理技術ってないと思っているので。
それでも、不当に税負担を逃れたり、不正に給付等を受けている人を把握することは大きなメリットがあると思ってます。

例えば、サラリーマンはほぼ100%所得税額を把握されて確実に支払っていますが、個人事業主は収入から個人的な支出をしてもそうそうわからないですよね。 
ということは、個人事業主の方が税金を逃れる手段がはるかに多いです。
しかし、マイナンバーが本格的にスタートするとこの辺の支出管理もマイナンバーにひもづくことが想定されるので、今回の制度導入でダメージがある方も少なからずいるのではないでしょうか。

実際にスタートするのが平成28年1月からになるので、スタートするとどうなるかドキドキもしているのですが、『備えよ常に』です。