いつまでくすぶり続けるの?

みんなが日々悶々とくすぶっている状況から、次の一歩を踏み出してくすぶり続け無い為の情報サイト。 そんな私が一番くすぶっているのは内緒。

鹿児島黒牛を知る

鹿児島の代表的な産業の畜産。

それの代表格はなんといっても鹿児島黒牛ですよね。
品種としては松坂牛や神戸ビーフと同じ品種なので、そのおいしさは間違いがないところです。

ではでは、鹿児島黒牛って何?

kurousi



 

よく和牛、国産牛と言われるけど、この違い知ってましたか。

まず、和牛として認められている品種は4種しかありません。

和牛の4品種

  • 黒毛和種・・・松坂牛、近江牛、神戸牛、鹿児島黒牛等国内の和牛90%以上はこの品種。
  • 褐毛和種・・・あか牛、特徴は赤みが多い。
  • 日本短角種・・・東北地方で育てられている和牛。飼育しやすい。
  • 無角和種・・・山口県で主に育てられていて流通量はかなり少ない。

 我々が好んで食している品種は黒毛和種ということになりますね。

では、国産牛とは?
国産牛とは和牛以外の国産牛です。

この『国産』がポイントです。
例えば、国内で生まれて国内で育った牛は国産牛。
だけど、国内で生まれても、そこに海外の品種がまじっていても、それも国産牛。
さらに、海外で生まれても、一定の期間国内で育てられたらそれも国産牛になるんです。

あれ?国産牛の範囲ってひろくないですか。

そして、和牛にも国産牛にも当てはまらない牛が外国産牛ということになりますね。

もちろん、和牛だから良い肉、国産牛だから良い肉とそんなことは一概に言えないですけど、日本の肉じゃないと信用できないわという方々には意外と大事なところかもしれません。

今日スーパーで『国産牛』 買ってきたと思っていても、その肉は完全に日本の品種の牛肉とは言えないんですよ。

そんな意地悪なことしたいわけじゃないですが、知らなければ済んじゃうけど、知ったら気になってくること世の中には多いです。

鹿児島黒牛食べて下さいね。